News
多色なカプセルとスプーンとフォーク

世の中には、様々な感染症がありますが、クラミジアは、もっとも多い性感染症です。
特に最近では、10代でクラミジアに感染している女性が増えています。
クラミジアは、感染しても自覚症状がないことが多く、女性の場合、そのまま放置していると、将来不妊症になる危険もあります。
ですから、おりものが急に多くなったり、排尿時に痛みや違和感がある場合は、すぐに病院に行って調べてもらう必要があります。

また、パートナーに感染するケースも多いので、感染の拡大を防止するためには、パートナーも一緒に検査することが大事です。
クラミジア感染症は、性器粘膜で感染することが多いのですが、オーラルセックスで感染した場合、咽頭炎を起こすこともあります。

また、クラミジア感染者は、エイズ感染の危険もあるので、不安がある人はエイズ検査も受けたほうがいいです。
クラミジアの検査は、男性の場合は、尿を採取して検査し、女性の場合は、膣分泌液による検査などを行います。
検査によって感染が確認された場合は、治療を行います。
男性も、女性も、抗生剤を内服して治療していきます。
薬の種類は、症状によってマクロライド系、キノロン系の薬かテトラサイクリン系の薬を使うケースが多いです。
セフェム系やペニシリン系の薬は、クラミジア陰性化率が低いので治療には向いていません。

治療後に病原検査を行い、治癒の確認をします。
そして、検査の結果、完治したことが認められれば、再発することはほとんどありません。
性器クラミジア感染は、性行為の時にコンドームを使っていれば、感染を防ぐことができます。
ですから、性行為をする時は、パートナーの安全のためにもコンドームを使うことが大事です。

サイト内検索
アーカイブ